トップ >  高麗人参に関する基礎知識 >  高麗人参の歴史

高麗人参の歴史

高麗人参の歴史

日本でもすっかりおなじみの高麗人参。その高麗人参の歴史と、日本でも親しまれるようになった 経緯などのお話をしましょう。

そもそも、高麗人参が使われるようになったのは、2000年以上前からと言われています。中国前漢元帝時代の文献「急就章」に薬物史として登場したのが最初だそう。

実際に、詳しい効能などが紹介されるようになったのは、後の漢方医書の原本とも言われている薬学書 「神農本草経」から。

そのころから、飲まれるようになっていったんですね。

栽培の歴史

韓国で高麗人参が親しまれるようになってからは、栽培地域もどんどん広がっていきました。 最初は、韓国中部地方でのみ栽培されていた高麗人参も、次第に南部地方へと範囲が広がっていき、 最近では北部にある遊休地などでも栽培されるまでに。

それほど、ニーズも増えていったということがわかりますよね。

高麗人参が日本にやってきた!

さて、韓国ではおなじみになっていた高麗人参が、日本にやってきたのは、739年と言われています。 献上品・交易品として、聖武天皇に贈られたのが最初のようです。

日本で栽培されるようになったのは、徳川家康のころ。実際に栽培に成功したのは、8代将軍、徳川吉宗の ときなんだとか。栽培に成功してからは、栽培を奨励していったそう。

高麗人参=韓国産、と思うかもしれませんが、実は今でも日本で栽培されています。その地域は、長野県上田 佐久、福島県会津若松、島根県大根島の3地域。

家康のころから、挑戦されていた高麗人参の栽培は、今もこうして続いているなんて歴史を感じますね。